新型コロナウィルス感染拡大防止対策のガイドライン



1.感染対策における道場の基本的考え方について

(1)日本スポーツ協会、文部科学省および東京都のガイドラインに準じた対策
公益財団法人日本スポーツ協会の示すガイドラインに基づき、最新の文部科学省および東京都の方針に従うことを前提としています。また、各自治体や施設が定めた利用者ガイドラインを遵守しながら、練習形態を考慮して参加者への感染症拡大の予防を適切に行っていきます。大会やイベントにおいても同様に、各自治体のガイドラインや方針に従いながら、感染対策状況を十分に精査してから案内・参加の判断をしていきます。


(2)稽古における留意点
身体活動を伴うテコンドーの稽古は、「自身の体を操作すること」が基本となっており、徒手を用いた技術練習が中心となるため、一定の距離を確保するなど比較的感染対策が行いやすい武道・スポーツであると考えています。しかしながら、参加者はミットなど所定の用具を共有して使用することがあり(マッソギ用の防具等においては共有せず、各々が個人所有の用具を使用)、参加者同士が向かい合ったり、手などが触れ合う稽古を行うこともあります。 いくつかの指針においては、共有備品の都度消毒、こまめな手指消毒が奨励されていますが、例えば床やマット、ミットなどを参加者が使用した後に都度消毒することはその活動において⾮効率であり、滑るなど安全な利用に⽀障をきたす可能性も出てくると考えています。また、手などが触れ合う度に消毒することも同様に⾮効率であり、どこにも触れずに稽古を行うことは現実的ではありません。そのため、用具の都度消毒は可能な範囲で行うこととし、感染対策としては入退室時の手指消毒に加えて、水分補給時など手指を口に近づける直前の手指消毒、練習場の常時換気、マスクの常時着用、そして、参加者から感染者や感染の疑いのある者を可能な限り除くことに主眼を置き、参加者自身による事前消毒、日々の体調管理と検温を徹底することを感染拡大防⽌対策の柱としていきます。


2.具体的な感染対策

(1)稽古参加の見合わせ項目
●体調がよくない場合
(例:平熱を超える発熱や37.5度以上の発熱がある場合。軽度であっても咳、咽頭痛、だるさ、息苦しさ等の症状がある場合。嗅覚や味覚の異常がある場合、など)
●新型コロナウィルス感染症陽性である場合、または陽性者と濃厚接触がある場合
●PCR検査を受けて、あるいは濃厚接触の疑いがあり、その結果が判明していない場合
●同居家族や身近(職場や学校等)に新型コロナウィルス感染が疑われる方がいる場合
●過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
※万が一、陽性または濃厚接触となった場合の稽古復帰については、病院および保健所の指示に従ってください。

(2)稽古参加における感染対策
道場の具体的な取り組み、および道場生に取り組んでいただきたいことは下記事項となります。
●参加者は必ず稽古前に自宅で検温と体調確認を行い、練習場にて検温チェック表に検温結果を記入してから稽古に参加してください。
※少年部においては、保護者が検温と体調確認を行い、出席帳に検温結果を記入してきてください。
●自宅での検温を忘れた場合は道場入口で検温を行ってください。
※道場では信頼性の観点から、短時間で計測できる腋下式体温計を常備(都度消毒)します。
●入口にアルコール消毒剤を設置します。参加者は入室前および退室時に手指消毒してください。
●水分補給など、手指を口に近づける際には必ず手指消毒してください。
●練習場は常時換気します。
●マスクは適切な状態(鼻から口までを完全に覆うこと)で常時着用とします。
※飛沫透過率は不織布マスク<布マスク<ウレタンマスクの順に高くなります。指導員は大きな声で話すことが多いため、飛沫透過率の低い不織布マスクの着用を徹底します。
※息苦しくなった場合は無理をせず、稽古中であっても指導員に一言伝えて必ず休憩をとってください。その際、他の参加者と十分に距離をとりマスクを外してください。
※特に夏季は熱中症対策も考慮して、早めの休憩、こまめな水分補給を心がけてください。
※少年部に関しては自分で判断することが難しい場合もあるため、指導員または道場看護師の判断で休憩させることがあります。
●ソーシャルディスタンスの確保に努めてください。
※稽古内容により距離が近くなる時は、会話および呼気を抑えてください。
●大きな声で会話、応援等をしないようお願いします。
●更衣室は狭い空間になるため、人数が多い場合は交代するなど密を避け、速やかに着替えを行い、原則として会話はしないようお願いします。
●テコンドーの基本動作は通常強い呼気や気合いのかけ声を伴いますが、十分な距離(概ね2m)がとれない時には呼気および気合いは抑えてください。
●用具は他人と共用せず、自分専用の消毒済みのものを使用してください。
●その他、各自が手洗い、水分補給などを行い、移動時や日常生活においても同様に感染予防に努めてください。

(3)報告のお願い
下記に該当する場合、道場責任者に対し速やかに濃厚接触者の有無等について報告してください。
●「稽古参加の見合わせ項目」に該当する場合
●稽古参加後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合

(4)感染者発生時の道場休業等の判断について
万が一、道場内で感染者が発生した場合は、文部科学省の示す最新のガイドラインに基づき、判断・対応させていただきます。



テコンドー武蔵道場
令和3年8月31日更新

Copyright (c) TaekwonDo-Musashi All Rights Reserved.